デザイナーズ住宅|大阪|注文住宅・リフォーム・自由設計【MJ HOUSE】
MJHOUSEで建てるお家の情報です。
住まいはそこに住む人の幸せな入れ物
main| 『二世帯家族みんなが仲良く暮らすお家』大阪市東淀川区下新庄3丁目M-HOUSE >>

『二世帯家族みんなが仲良く暮らすお家』


※打合せで使用した外観のイメージ図です
 
38project 2017年2月中頃着工
敷地面積
66.11(19.99坪)
施工床面積
127.93(38.69坪)
構造
木造3階建て
間取り 4LDK+納戸スペース+小屋裏収納



プランニングが決まり、いよいよ仕様決めという段階で娘さんが登場し、ここからが
本当の打合せの始まりだったように思います。
床材、扉、クロス、タイルとかなりの数を検討され、私自身もより色々な商品に
詳しくなれたと思います。
ご家族皆さん、とても仲が良いM様!いつも楽しい打合せ、ありがとうございました!
こだわり抜いたこのお家で、毎日の暮らしを是非、楽しんでください!!
一級建築士 財津 智之
  iskawa
財津 智之

敷地の特徴

南向きで間口6m×奥行11mの平坦な敷地形状で、周辺はマンションや戸建てが建ち並ぶ住宅街です。
駅や幹線道路に近いにも関わらず、静かで暮らしやすい街並みです。

プランニングの時に60%の建ぺい率(敷地面積に対する建築面積の割合です。 建築面積のことを
「建坪(たてつぼ)」ともいいます)で、どのように建物を配置するか悩みました。

お持ちの大きな車や、ご要望を頂いたお部屋のレイアウトの場合は、敷地に対してお家の間口を
大きく取ることが一般的ですが、お家を奥に長くする建物形状にして、敷地の左右(特に向かって右側)に
大きく空けたスペースをとる形状でご提案。空けた敷地のスペースには自転車置きや、趣味のサーフボード置き
などに使用でき、M様にとって一番使いやすい建物レイアウトとなるように計画しました。

M様とお家造りをするきっかけは?

現在はマンションにご家族皆さんで暮らされているM様。
お孫さんが大きくなってそれぞれに部屋を、と思い、探し始められたのがお家造りのきっかけです。
お孫さんの学校区が変わらないこと、今のお家と近くて環境が変わらないことを条件に
1年以上かけて中古住宅も検討しながらお家探しをされていました。
以前、菅原3丁目のZERO-CUBEのチラシを見られ、現場にご来場いただいた事がM様とMJ HOUSEの
初めての出会いです。
当社とは別にもう1社お話をされていた会社がありましたが、当社の担当スタッフのキャラクターや
ご提案をしたプランが「とても分かりやすい!」と気に入っていただき、M様とMJ HOUSEの
お家造りが始まりました。

二世帯住宅としてのプラン

二世帯住宅(親世帯・子世帯・孫世帯)は各世帯の意見をできるだけたくさん引き出し、それを取り入れて
調整し、打ち合わせを通して各世帯の考え方やライフスタイルを充分理解しながらすすめる事が重要と
なります。二世帯住宅には大きく分けて3つのプランがあります。
1.独立二世帯住宅⇒生活空間を完全に分け、二世帯が独立して暮らす二世帯住宅。
2.共用二世帯住宅⇒二世帯が独立しながら玄関や浴室などを共用する。
3.融合二世帯住宅⇒多くの生活空間を共有しながら暮らす二世帯住宅。
M様からのご要望により、3つめの生活空間を共有しながら暮らす『融合二世帯住宅』になりました。

後程ご説明をいたしますが、大まかなお家の構成としては1階はお父様の住空間に。
2階はLDKと水廻りをまとめた家族みんなが集まる空間。この2階を挟んで3階をお母様と子世帯のフロアーに。
三世代が1つの家族として全てを共有しながら暮らす配置となっています。

玄関を入ってすぐにサーフボードが!

M様ご家族はサーフィンをされており、ご家族でサーフィンをしに鎌倉まで車で行かれるほど!
特にお父様が海が大好き!で、波の音を聞くととても落ち着かれるそうです。
そんなサーフィン大好きM様からのご要望により、玄関を入ってスグの廊下の一面の壁に
愛用のサーフボードがディスプレイできるように下地補強を施しました。

この壁のみヴィンテージ感のある木の板貼りデザインのクロスを貼り分けして
ショップのディスプレイのようにおしゃれに飾っていただけます。
玄関に入った瞬間にサーフボードが目に入り、ゲストやご家族を出迎えます。
とってもカッコイイ玄関ホールの完成です!!

1階のお部屋

1階はお父様のお部屋として計画。くつろぐお部屋とは別に、3帖のフリールームを設けました。
このフリールームでは洋服箪笥や収納ラックやPCデスクなどを置かれる予定です。
また、高さのあるサーフボードを立て掛けて置きたいとご要望を頂き、このフリールームのみ床を
40cm下げて天井高280cm(通常は240cm位)となるようにご提案。
床を下げた分、入口に階段を2つ設置して出入りがしやすいように計画しました。
まるで、ちょっとした秘密基地のようです。

また、廊下には階段下のデットスペースを使った容量のある収納を2つ配置。
収納もしっかりと確保しました。

水廻りをまとめたLDK

お家探し当初は2階建てで探されていましたが、なかなか条件に合う土地が見つからず
3階建ても条件に入れ、検討をされて現在の場所が見つかったのですが、その際の3階建てのお家の条件は
2階のLDKにお風呂と洗面室をまとめた、水廻りワンフロアーのプランであること。
「LDKが狭くなってもいいから、絶対に水廻りを2階のLDKに全てまとめたい!
濡れて重い洗濯物を持っての上下階移動とか、できるだけしたくないんです。」
と、家事を担当されているお母様たってのご要望です。

このプランは3階建てですが、マンションと同じようにワンフロアーの動線で家事が出来ます。
「とても生活がしやすい!これなら、3階建てでもいい!」と、これまで2階建てで検討されていた方からも
大好評を頂いているプランです。
もちろんお引渡しをさせていただき、実際に生活をされているお施主様からも、お墨付きを頂くほど
暮らしやすいプランなんですよ。

LDKの大きな窓

「LDKを開放的に明るくしたい!」というご要望を頂き、南側のバルコニーの掃出し窓は
規格品では最大サイズのものを設置。
私も実際に現場で拝見しましたが、とても迫力のある窓です。
日中はこの南向きの大きな窓からたくさんの光が入る、開放的でとても明るい気持ちのいいLDKに。

上棟式の時に現場にて、この大きな掃出し窓を見られて「いいよね!」と、楽しそうにご見学されていた
姿がとても印象に残っています。

また、この窓の上にはカーテンレールを取り付けるために無垢の木で造った飾り棚を設置されるなど
細部までこだわりました。

LDKの収納

LDKの収納にもM様のこだわりが。
キッチンの後ろには食器や買い置きしたストック品、レンジや炊飯器なども収納できる引違いの
扉付収納を造作。今お持ちの食器類や家電が全てピッタリと収まるように、サイズや棚板の数など
検討しました。とても使いやすいように熟考されています。
これがあれば食器棚を置く必要がなく、また、扉を閉めてしまえば全て隠すことができるので
LDKのインテリアにも統一感を持たせることができます。
キッチン収納
※実際に打合せで使用した図面です。
そしてリビング側にはハンガーパイプと枕棚を設けた収納量の多いクローゼットと、その隣には仏間を。
仏間にはロールスクリーンを取り付け、LDKの雰囲気と馴染むように工夫されています。

内装デザインは?

打合せ当初は お母様とお父様で打合せに来られていましたが、
お母様より「この家に長く住んでいくのは子供と孫たちなので」と、娘さんもご一緒に打合せに
参加されることに。

内装デザインは娘さんのこだわりがたくさん!
この後、詳しくご説明をさせていただきますが、全体の色はホワイトでシンプルに。
どんな色の家具とも合わせやすく様々なインテリアを楽しんでいただけます。

また、お家全体に使用した無垢の床材や、キッチン前の壁には温かみのある手焼き風のタイルなどの素材を
取り入れることで、お洒落なだけでなく温かみも感じていただける空間に。

壁の一面や収納の中などはアクセントクロスで貼り分けて空間にメリハリを設けました。
セレクトされたクロスは数社、数千種類もある見本帳の中から、こだわって選ばれたクロスです!
セレクトされたクロスの一部をご紹介いたします。
クロス
和室押入れのクロス
玄関を入ってスグの廊下の
アクセントクロス

キッチン上の天井のみ
ブラウンの木目柄クロスで
アクセントを

洗面室の
アクセント貼りクロス
 
収納の中の
アクセント貼りクロス

デザインタイル

LDKのアクセントとしてキッチンの前の壁には木を貼るか、タイルを貼るか、特に悩まれていた部分ですが
中本4丁目A号地の完成内覧会でキッチン前のタイルをご覧になられ、雰囲気を気に入って頂き
タイルを貼ることに決定。


ここでもホワイトにするかアクセントでカラーを入れるか、10種類以上のサンプルを取り寄せて確認。
「サンプルではイメージが付きにくい」と、大阪市内のショールームを数社ご一緒に見学し、
検討に検討を重ねたこだわりのタイルです。

選ばれたタイルは『140年前のイタリアの手焼きキッチンタイル』をコンセプトに作られたタイルで、
表面には柔らかい凹凸とランダムに模様が入っている、アンティークな雰囲気のタイルです。
LDKを一層おしゃれに演出してくれます。

キッチン前の壁のアクセントウォール
バリの砂岩
※メーカーの施工例です。
焼きむらがあるような仕上がりが手焼き感を感じさせる温かみのあるホワイト系のタイルです。バリの砂岩
※メーカーの写真です。

使用した無垢の床材

お家全体の床材はロッジポールパイン(松)という天然の無垢の床材を選ばれました。
色はほんのり薄くホワイトで塗装されたカラーをセレクト。マットな質感で、無塗装の床に近い風合いが
あります。下の写真は違いが分かりやすいように、ナチュラルな色合いの『春風コルク色』と
今回セレクトされた『春風ミルク色』を並べて撮影しました。
春風ミルク色
天然の木をそのまま使用した無垢の床材は木の持つ優れた調湿性、自然の木目の優しさや足触り、
芳香などによりとても優しい癒しの空間を作ってくれます。
また、使用した塗料はこの無垢の木の素材感を活かしつつ人体にも優しい、木製品の保護塗料として
使われる自然派塗料です。
その特徴は、厳選された天然由来成材料をベースにホルムアルデヒド、シックハウス症候群といわれる
13物質は一切配合されていないカラダに優しい自然派塗料。また、木材の呼吸を妨げることなく
木本来の通気性・調湿性を保持しています。
においを抑えた低臭タイプで、オイル特有のにおいが残るようなことはありません。
私も自分のお家の棚板の塗装に使用しましたが、塗装後のにおいは私も、飼っている猫達ですらも
気になりませんでした。猫達も気持ち良さそうにこの塗装した棚で寝ています。

こだわりの扉

M様のもう一つのこだわりが室内のドアです。
「こんなドアが使いたい」とイメージ写真を持参され、「オプションになってもここは絶対に譲れない!」と
選ばれた、こだわりのドア。
少しアンティークな雰囲気のデザインドアで、1階と2階は内装カラーに合わせてホワイト色に。
2階のLDKのドアは半分がガラスになっていて、レトロなカフェに使っていそうな雰囲気のあるドアを。
3階のお部屋にはキレイな色のブルーと緑色のドアを選ばれました。ホワイトでまとめられた空間に
とても映えそうな色合いのドアです!
どのドアも開けるのが楽しくなるような素敵なドアですよね!

こだわりの扉の一部をご紹介いたします。
こだわりの扉
和室押入れのクロス
お父様とお母様のお部屋

LDKの扉
 
3階のプライベートルームのドア
ブルー色とグリーン色

小屋裏収納

「家族が多いので、もっと収納が欲しい!」「普段使わない物を収納できる場所として小屋裏収納が欲しい!」
とご要望を頂きました。
そこで、日影規制(建築基準法による建物の高さの規制)にかからないように、お家の高さを調整しながら
屋根の形状を工夫して10帖の広さを確保した小屋裏収納を造りました。
かなりの広さがあるので、荷物もたくさん収納して頂けます!

外観

外観もお家の内装のイメージに合わせて、ホワイト系でまとめました。
2、3階のバルコニーの手すり壁は、あえてコテで塗りむらを大胆につけた雰囲気のある塗装に。
玄関周りの外壁はレンガのような真っ白なブリックタイルを施工。
素材による違いつけて、お家をより立体的に見せるように計画しました。
「室内と違い、外観はスケールが大きいので完成してみないと分からないから、今からとても楽しみな部分!」
と、M様もとても楽しみにされています。

下のイメージパースは実際にお打合せで、使用した外観イメージパースです。

玄関周りの外壁のタイルをベージュ系の
タイルで施工したイメージパースです。
 
別の角度から見たイメージパースです。

下は最終決定をした外観のイメージパースです。

※外観のイメージパースです。
  玄関周りに使用するブリックタイルです。
ファッションショップの内装にも使われる
人気のあるタイルで、室内だけでなく外部でも
使用できる耐久性のあるタイルです。
バリの砂岩

| main |大阪市東淀川区下新庄3丁目 M-HOUSE >>

▲PAGE TOPへ