デザイナーズ住宅|大阪|注文住宅・リフォーム・自由設計【MJ HOUSE】
MJHOUSEで建てるお家の情報です。
住まいはそこに住む人の幸せな入れ物
main| 大阪府豊中市服部西町Y-HOUSE>>

『広いバルコニー、ワークスペース
 収納たっぷりの長期優良住宅』

 
2021年3月着工
施工床面積
146.74(44.38坪)
構造
木造3階建て
間取り 4LDK+書斎



お施主様のご希望は?

お施主様からいただいた ご希望は大まかに下記の4項目です。
1.スムーズな家事動線
2.荷物を表に出さないようにできる収納量
3.広いバルコニー
4.耐震性能の高いお家(長期優良住宅)

 敷地は西向き。前道の先にはさらに公園が広がっていて、見晴らし良好!そして北側は幅6mの通路でスペースが空いており、西側と北側の2方向から光と風が通る敷地条件です。

家事動線については2階にLDK、水廻りをまとめて配置し、このフロアーでまとめて家事をこなせる動線に。
荷物は表に出ないように、収納は必要なところに必要なサイズで配置。

そして、ご家族の寛ぎの場として3階には広いバルコニーを計画。西側と北側が空いているため光と風がたっぷり楽しめ、目の前の公園を眺めながらのんびりできる開放的なバルコニーになるよう計画しました。

耐震等級の高いお家にしたいとご希望をいただき耐震等級は最高の等級3に。さらに断熱材は高性能なセルロースファイバーを採用され、省エネルギー性能が高い長期優良住宅となっています。

長期優良住宅

「耐震性能が高い耐震等級3のお家にしたい」とご希望をいただき、耐震等級3のお家で計画。
耐震等級は3ランクあり、建物がどの程度の地震に耐えられるかを示す等級です。長期優良住宅では耐震等級2以上の耐震性能が必要になります。

等級1は震度6強から7に相当する、数百年に一度起こる大地震でも倒壊しない強度を持つように構造計算されています。阪神淡路大震災では震度6、2016年に発生した熊本地震は震度7でした。このレベルを想定したものと考えればイメージがしていただきやすいと思います。

等級2は等級1の1.25倍の震度でも倒壊しない耐震強度があることを示しています。災害時の避難場所として指定される学校や病院・警察などの公共施設は、必ず耐震等級2以上の強度を持つことが定められています。

そして、等級3は耐震等級1の1.5倍の耐震強度があることを示しています。災害時の救護活動・災害復興の拠点となる消防署・警察署などは、その多くが耐震等級3で建設されています。
そして、今回Y様邸はこの最高等級3で建築しました。

 暮らしやすい快適なお家にしたいとご希望をいただき、断熱材には性能の高い「セルロースファイバー断熱材」をご提案。
セルロースファイバーは新聞を原料に細かく裁断し、すり潰したものにホウ酸を添加して作ります。
原料である新聞紙(パルプ)には、さまざまな太さの繊維が絡み合った、たくさんの小さな空気砲があります。
空気砲をたくさん含んだパルプ材は断熱性能が高く、冬は一度暖房を付けると冷めにくく、夏は外からの熱をお部屋の中へ入れないため、冷暖房の効きが抜群です。
これまでにセルロースファイバーを採用されたお施主様からも暖房、冷房の効きが全然違う!年間を通して光熱費を抑えられるようになったというお話をたくさんお聞きします。

さらに余分な湿気を吸収し、屋外へと吐き出す効果もあるため、壁内と室内の結露を予防したり、外からの音を防ぎ室内の音が外へ漏れにくい遮音性もあります。

また、原料に使うホウ酸は眼科の洗浄液にも使われる程、人体や動物には安全の自然素材ですが、虫(ゴキブリなど)やシロアリなどを駆除し、カビを予防する効果もあります。

 長期優良住宅とは、長く安心・快適に暮らせる家がコンセプト。平成21年にスタートした「長期優良住宅認定制度」の基準をクリアし、認定を受けている家が「長期優良住宅」となります。
長期優良住宅には耐震性、省エネルギー性など様々な基準があり、それぞれに必要なレベルや等級が基準値として定められています。

 暮らしやすく、快適なお家にしたいと耐震や断熱性能などを追及された結果、長期優良住宅を満たす基準のお家となり認定を受けられることになりました。

飾り棚のある和室

 今回のお家は4LDK。その内の1部屋は落ち着いた和室をご希望され、1階に6畳の和室を計画。和室には活けたお花を飾れるようにしたいとご要望をいただき床の間に棚を制作。

 床の間は天井から垂れ壁を造り、和室全体に奥行感を演出。また、床の間の片側に飾り棚を1段設け、飾り棚の前に細い縦格子を設置します。
棚の色と縦格子は同じナチュラル系の材を使い、和の伝統的なデザインとモダンさが共存した落ち着いた和室に。
さらに飾り棚の真上にスポットライトを設け、いけばなが天井から照らされるようになっています。これはご主人と設計スタッフでイメージ図を描きながら検討されたデザインです。

その他、大きな押入とクローゼットの大型収納を配置し、収納もたっぷりの和室が完成!
※和室のイメージ図です

集中できる書斎スペース

 近年の新型コロナウィルス感染症拡大により、リモートワークなどご自宅でお仕事をされるご家庭も多いかと思います。その影響もあり、当社でも、ワークスペースや書斎スペースをご希望されるお施主様が急増しました。
 今回のお家もお二人のご希望により、1階に約4畳の書斎スペースを造りました。書斎には大きな窓があり、窓の外には隣接している建物もないため、採光、通風が十分感じられます。ここには、ご主人様のデスクと大量の本を。 静かな1階フロアの個室のため、集中してお仕事をしたり本を読んだりしていただけます。

また、この書斎スペースには床に補強を施しています。奥様の電子ピアノも置けるようにし、時間を忘れて音楽を楽しむこともできます。 この書斎スペースは4畳の広さがあるため、これからのライフスタイルに合わせて様々な使い方ができるお部屋となっています。

開放感のあるLDKと効率的な家事動線の融合

  LDKのある2階は、家族みんなが集まる一番の場所!ここは、ご家族が過ごす時間が長いため、お施主様のこだわりや効率等のご要望をたくさんいただき設計させていただきました。

まずは、解放感を感じながらお料理をしたい!また、リビングにいる家族との会話やテレビも見ながら一緒にいる時間を楽しみたい!という奥様のご希望のもと、対面式のオープンキッチンに。キッチンのサイズを少しだけコンパクトにすることで、14.5帖もあるLDKを作り出すことができました。リビングとダイニングの空間を十分に確保しつつ、 キッチンからの視線も解放的になり、キッチンに立っているときも、リビングとダイニングにいるご家族と一体感を感じられる空間になりました。

さらに、キッチンの目の前には横幅2.5mの大きなサイズの掃き出し窓を設けたため、お料理をしながらでも、さらなる解放感が味わえます。目の前には公園が広がっているので、視界に遮るものがなく、気持ちよくお料理をしていただけるようになりました。

 次に、効率を考えた家事動線。LDKと同じ2階に水廻りを全て配置することで、上下移動することなく、2階で全て完結できるような設計に。

キッチンの後方には、お風呂と脱衣室と洗濯機置場を。脱衣室を広めに造り、天井にランドリー用のアイアンバーを2ヶ所設置しています。洗濯物のつけ置き洗いや手洗いができるように、洗濯機の横には洗濯専用の洗面台も配置しました。洗濯物を手洗いした後、すぐに横の洗濯機へ入れて洗濯ができます。その後、上に設置したアイアンバーに一時的に干し、晴れているときはバルコニーへ持って行って干します。 もちろんお風呂場には浴室乾燥機能が備わっているため、雨天や花粉の時期でも安心です。

洗濯物を取り込んだ後は、ご主人様の仕事着はリビングのクローゼットに収納することができ、洗濯物の一連の動きは、ほとんどが2階で完結!という、とても考えられた効率的な配置です。

空間を分けた脱衣室と洗面室

 誰かがお風呂に入っているときでも、みんなが気兼ねなく洗面室を使えるように、また、生活感あふれるものはなるべくお客様の目に触れないようにし、気持ちよく使っていただければと考えられ、廊下を挟んだ左右に脱衣室と洗面室を配置。2つのスペースを分けたため、洗面室は空間を広くとれることになりました。

せっかくなら、忙しい朝でも洗面台は2人同時に使えるようにしたいとのご希望をいただき、横幅1.6mの造作洗面台を計画。
洗面台は明るめのカラーがお好みとのことからホワイトの大理石調のシートを天板に貼って造作し、そこに洗面ボウルを埋め込みます。洗面台の下には棚板を取り付け、ドライヤーやタオルが収納可能。
ミラーも大きく横1.2mあり、鏡の裏が全て収納棚に。豊富な収納力に加え、三面鏡としての機能も備わったミラーボックスを設置され、洗面室は広々とした、シンプルモダンな空間が出来上がりました。



将来のことを考えた可変性のあるお部屋

 3階の西側にはバルコニーに沿って大きなお部屋を配置しています。バルコニーに隣接しているので、ご親族やお友達が集まったときには、 バルコニーでわいわい過ごしながらこちらのお部屋で寛ぐことができます。
また、子ども部屋としても活用されるため、将来のことを考えて1つの お部屋を2つのお部屋に間仕切りして使えるようにと、ドアとバルコニーへの掃き出し窓、収納を2つずつ設けた間取りになっています。
家族構成、ライフスタイルの変化に合わせて、使い方を変えていけるお部屋を設計しました。

星空を観察できるバルコニー

 バルコニーは公園に面した西側に配置。バルコニーのサイズは約6畳という1部屋分のサイズで計画し、水栓や屋外用のコンセント、照明も設置しました。奥行きも広くて水栓もあるので、おしゃれなテーブルやイスを置いて第二のリビングのように。お食事はもちろん、寛ぎの場所にもなります。

また、デッキチェアも置ける余裕があるので、ゴロンと寝転がって風や解放感を味わいながら、ご主人様が大好きなお酒をゆっくり嗜むことも♪ ご自宅で、いつでもビアガーデンが楽しめます!
また、星が大好きな奥様にとっては、天体望遠鏡を置いて星空観察も♪寝転がりながら星空を眺めるのもいいですね! どちらも、お仕事の疲れが癒されそうです♪

『すっきり』を演出する収納計画

 荷物はできる限り表に出さず収納の中へ。お掃除も楽にしたい。とご希望されていたため、各スペースに収納を細かく計画。
まずは、廊下まで延びる玄関のシューズクローゼット。ご家族の靴だけでなく、傘やスリッパ、出掛けるときのちょっとした小物などが収納でき、 限られた玄関スペースを有効に活用していただくことが可能です。もちろん、ピクニックへ行くときの遊び道具もここに♪

 1階の和室には、先ほどご紹介した大きな押し入れとクローゼット。お客様用のお布団や座布団は押し入れに、お洋服や鞄などはクローゼットへと入れる お荷物によって使い分けることができ、お客様に和室を広々と使っていただけるようになりました。

 2階には、リビングに1畳のクローゼットと、キッチンの横にリビング収納よりも大きなパントリーを設置しました。 リビング収納には、リビング周辺で使う小物やご主人様の日々の仕事着をはじめ、コンセント等も計画的に配置されたため、ルーターやプリンター、 パソコンなどが収納できます。
下段にはお掃除ロボットの基地を作り、ご家族がお出掛け中の間にお掃除が完了できるように工夫されています。 お家の中は、各階フロアがバリアフリーになっているため、特に2階はお掃除ロボットが家事の強い味方に!収納豊富なので、床の上に物が散乱することなく、効率よくお掃除ができるようになりました。

 パントリーには、食器やキッチンで使う家電だけではなく、お料理好きなお二人が楽しくお料理をできるように、お料理本や食材のストックも たくさん収納することができます。収納するものによって高さが変更できるように、パントリーには可動式の棚を設置しました 。

 そして3階には、主寝室に併設されている3畳以上ものファミリークローゼットと、廊下から出入りできる2畳のウォークインクローゼット、 さらには、子ども部屋として活用されるお部屋にも2ヶ所のクローゼットを設けています。ご家族のお荷物、お洋服、小物だけでなく、シーズンオフの家電や奥様こだわりの季節ものの飾りなど、普段あまり使わないものも全て収納できるため、表にお荷物が出ることはありません。もちろんここには、お二人が大好きなバーベキューセットも収納可能♪

 このように収納を計画的に設置することで、お家の中全体がすっきりと片付き、各々の部屋の限りある空間を最大限に広く!楽しく!使っていただくことができるようになりました。

計画中の内装デザイン

 ナチュラルで優しい明るい色合いがお好みとのことで、1階、2階の床に使われるフローリング材は無垢のオーク材。オークの中でも欧米産のホワイトオークを使っています。
オークは床材の中でも堅く、船、家具、楽器、フローリング、ウイスキーやぶどうの醸造用の樽(たる)材にもよく使われている高級木材。また、ヨーロッパなど土足文化がある地域でも、古くから床材として長く愛用されていることから、耐久性や擦り傷などが付きにくい耐摩耗性が高い床材でもあります。

そしてもう一つのオーク材の魅力は木目の表情です。天然木ならではの木目の表情には優しさ、ナチュラルさ、高級感を感じ、とても人気のある床材です。時が経つと少しずつ褐色に変化していくため、その変化も楽しんでいただけます。また、床材はお家全体の広い面積を占めるため、使用される木材によりお部屋のデザイン性をとても左右します。オーク材のような味わい深い床材を選ぶことで、お家全体のデザイン性はぐっと上がります。

室内ドアもオークのナチュラルな色合いに近い明るめの木目柄を選ばれ、統一感のあるデザインにすることでお部屋全体がより広く感じられます。


 選ばれている室内のクロスは、ホワイトをベースに各スペースの壁一面に上品なベージュ系やグレー系のアクセントクロスを取り入れられています。
さらに収納の中は鮮やかなボーダーや上品な花模様などを使い、収納を開けるのが楽しくなるような遊び心を。クロスは、お施主様がそれぞれの部屋等をイメージしながら、数千種類もの中から選ばれました。
下記はお施主様が選ばれたクロスの一部です。

外観デザイン

 偶然街で見かけたお家の外観カラーがとても好みだったとお伺いし、そのお家を参考にサンプルを取り寄せ、外観カラーをセレクトしていきました。
メインカラーは落ち着いた印象の上品なグレージュ色。サッシカラーは外観と馴染む柔らかなシャンパングレイ色を選ばれました。そしてお家にメリハリがつくように1階2階のバルコニー壁はチャコールブラウン色でアクセント。

また、バルコニーの軒天とインナーガレージの天井に外部用の耐久性の高い木板を貼ります。カラーはブラウンに限りなく近いオリーブ色でナチュラルでおしゃれなアクセントを。玄関ドアと雰囲気を合わせてコーディネートしました。

玄関ドアは明かり窓のあるデザインで、玄関内部に光を取り込み明るいエントランスに。カラーはスモークナット色という落ち着いたブラウンカラーです。
グレージュ色とブラウン色の組み合わせでまとめ、上品で大人っぽい色合いのオシャレな外観デザインに。



屋上バルコニーを造った外観イメージパース

屋根の形状を変えて造った外観イメージパース





| main |大阪府豊中市服部西町Y-HOUSE>>

▲PAGE TOPへ